たくあん

今日の一枚。

慌ただしい師走ですが、年末進行バリバリな師走ですが、まだまだ作ります。今度はたくあん。

ご満悦だった大根が、いよいよ干し上がったようなので漬け込むことにする。
この日のために、家族でせっせとみかんやら柿やらリンゴやらを食べて皮を干しておいたのだ。
あ、この皮を写真に撮った方が面白かったかも!もうないけど。

レシピは初めての梅干し以来、信頼する杵島直美「漬物じょうず」を参考に。
簡単にUの字に曲がるぐらいまで干した漬物大根は7kg。
ぬか 葉を取った干した大根の15%量
塩 6%
ざらめ 3%
リンゴ、みかん、柿の皮を干したもの 150gぐらい 鷹の爪 昆布 適宜(たっぷり)

・まずは、材料を混ぜたぬかを容器に両手1杯ほど入れ、大根を容器に沿ってきっちり詰める。ぬかを全体に振り入れ、次に大根、ぬかと交互に詰めていく。
・中央のくぼんだところには、切り落とした大根の葉を詰め、最後にぬかで覆い、表面に大根葉を敷き詰め蓋にする。
・大根の倍量の重石を乗せ、1ヶ月ぐらいで水が上がってくるらしい。そこで重石を半分に。

これだけ。
だいたい梅干しも味噌も漬物も昔から家で作られていた保存食って、作り方はシンプルで簡単なのだ。
簡単ゆえに難しい。美味しく作るポイントがどこかにあるのでしょうなぁ。そこを見つけないと。

随分と前に、買った大根で同じ方法を試してみた事があるが、量が少なすぎたのか、うまく漬からなかった。
で今回はリベンジ。
しかも漬物大根自家製!ぬかもうちで毎日玄米を精米して出たやつ!
ついでにリンゴももらったやつ!
いやがうえにもテンション上がるのじゃーっ!

つくる記 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://stripe.adm-r.noor.jp/trackback/909
<< NEW | TOP | OLD>>