箱火鉢で燗酒やな

今日の一枚。

特に骨董趣味があるわけではない。
単に好きな感じが古い物に多いのかな?ぐらいなもんです。(どこかで誰かが言っていて、そうそう、その感じだわと・・・)

というわけで、本格的な日本酒の季節到来、テーブルの上でお燗がつけられたらええなぁ、いちいち台所に沸かしに行くの面倒やねん、火鉢に炭とかええなぁ、鉄瓶はあるしなーと、卓上で使える箱火鉢を探しに、京都北野天満宮の終い天神へ。
たまたま、日曜日が重なり、お天気も良かったので、オットを誘って火鉢探し。
行く前にネットの古道具屋なんかで値段をリサーチして、まああったらラッキーかなー?ぐらいの軽い気分で行ったら、ありました!ありました!!

覗いた一件目で見つけました。
とりあえず、はやる気持ちを落ち着けて、ひととおり全部の露店を見て回ったけど、部屋の中に置くような天板のついた大きな立派なものが多く、これ以上のものはありませんでした。
値段も形もイメージにぴったりというわけで、えっちらおっちら、抱えて帰宅。オット誘って正解!
これからキレイに掃除して、お正月は燗酒で一杯です。

ちなみに、お値段は、ネットの古道具屋で買うののほぼ半額ぐらい。
状態とか年代とか詳しい事は分かりませんが、店のおじさんは、これかなりお買い得やでと言うてました。でもって、五徳もサービスしたるわ!と。

え?

この五徳、別売かいな?

心の中でツッコミましたわ、はい。
きになる記 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://l-fact.jugem.jp/trackback/332
<< NEW | TOP | OLD>>