大和の酒を飲み尽くす

冬に行った酒蔵見学以降、ウチではまだまだ奈良の日本酒ブームが続いております。
というわけで、今回は2人で「大和の酒を飲み尽くす会」に参加。
第2回目らしいですが、主催はおなじみ、奈良の地酒屋「きとら」さん。会場は和膳「たまゆら」

まずは、千代酒造「袋吊り斗瓶取り大吟醸」で乾杯。
これは一昨年に全国新酒艦評会で8年連続金賞を受賞したものだそうです。しかもその時に出したものと同じ斗瓶で蔵に3本だけ残しておいた内の1本だそうな。
わわわ、杯持つ手が震えますわ。


本日用意されていた日本酒は乾杯酒を含めて20種。
とりあえず各テーブルに2本ずつ置かれております。それを資料を見ながら入念にチェックしつつ、さ、さ、飲みますよ。一通り飲んだら、他のテーブルのやつとトレードしますよ。
中には、蔵元秘蔵の非売品、値段付けたら30,000円!!!!なんて、もう訳わかんないものまでありますがな。
飲みたいお酒があれば、それ目指して自ら動けばいいようです。




今回、久保本家梅の宿春鹿の3つの蔵の方も参加されていて、楽しい話やら裏話やら。
いい感じに飲んだ蔵元から直に聞く酒造りの話、ますますファンになります。
しかと愛を伝えておきました。

そうこうしてるうちに、そろそろお待ちかね。春鹿さんのその場絞り。
この手作り感いっぱいな装置?を使って、その場でもろみから絞ります。
これぞ、一滴、一滴、リアル袋吊りーーーーーー!!!!!
はいはい、杯もって並びますよ。
落ちてくるのを受けるんですよ。

きっかり2時間半、本当に楽しく美味しいお酒でございました。
きとらさん、実行委員のみなさん、お疲れ様でした。
ぜひ、来年もやってくださいねー
はまる記 comments(2) trackbacks(0)
Comment








「その場絞り」って!
「その場絞り」って!!
「その場絞り」って!!!

なんなん、こんなん載せて!
from. はな | 2011/05/24 14:50 |
>はなさん

うっしっし!
これぞ絞りたて!!
絞り中!!
うまうまでしたーーーーっ!

ぜひぜひ、大和の酒を飲み尽くしにおいでくださいな。
from. ダシマキ | 2011/05/24 20:12 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://stripe.adm-r.noor.jp/trackback/263
<< NEW | TOP | OLD>>